しまさん

しまさんの略歴

1995年8月25日生まれ、おとめ座。

神奈川県(~小)→栃木県(中)→神奈川県(高~現在)

川崎市のお寺生まれ。幼稚園は実家が運営している仏教保育の幼稚園に通っていた(通園時間30秒)。

その後、横浜の小学校に進むもなじめず、中学受験で「家出したい」と那須の全寮制中高に進学。

しかし、3.11で学校が損壊し、中学三年間で家出終了。高校3年間は神奈川・東京に住んでいた。

大学時代は

繊細かつ適当。勉強好きで努力家だが気分屋。

お寺育ち。大学時代に鍛え上げた勉強力と感性を使って、いろいろ書いてみるブロガー
書くテーマの中心

そのほか思ったことや考えたことを書いていく。
興味の対象は社会、公益性、経済、宗教、コミュニティ、スポーツ、コーチング、勉強、大学生活などなど。

ブログの参考にしている方々→イケハヤさんやぎべーさん

趣味は野球(中学から9年間)、スキー(小3から)、写真(小4から)、読書、旅行、陶器、音楽(ほぼ邦楽)。

いままで

お寺育ちだが、家の喧騒が嫌全寮制男子校に中学から進学。
3年間の寮生活を、いじめもあったけどなんだかんだ楽しく過ごす。

中学3年次の3月にニュージーランドに海外研修に行っている最中に学校が地震で被災。
高校もそのままエスカレーターで行くが、いろんな幸運も重なり、全寮制に高2で復帰。

高校時代に、「経営学入門」や「さおだけ屋はなぜつぶれないのか?」など、経営学や会計学の本を読み漁る一方で、「街場のメディア論」「無敵の思考」など、教養の本もこの時期に読む。

このころ、お寺の経営に興味を持ち始めて、『寺よ、変われ』を読み、お寺のこれからを変えたいという思いが芽生える。

 

↑高校卒業前の写真撮影で撮ったボク。

猛勉強して、大学に経営学と会計学を勉強しに行くことに。

大学には「宗教法人の情報開示」を研究し、お寺の経営を情報開示という面で変えていきたい、と入試で話したくらい。

大学時代は、勉強と野球部と生協学生委員会活動の文武両道に励む(まじめだね~)

ビジネスに関することをすることや考えることがそもそも好きだったので、天職(天学?)でした。

 

特に、会計学の情報開示(CSR報告や非財務情報の開示)の研究が中心でした。
卒業論文のテーマは「宗教法人の情報開示 ~公益性を中心とした考察~」でした。

さらに、学生イベントでは、「社会にとって良いこと」である公益性を実現するために、個人の強みをどう社会貢献に活かしていくかを参加者に考えてもらい、発表、議論し、ブラッシュアップするワークショップを作り上げていました。

その派生で公益性という考え方次にとるべきお寺のあり方とその具体化について考えるようになる。

いま

現在、会社員として働きつつ、「お寺のこれから」について発信中です。

参考記事

お寺 ×NPOの可能性と、僕がNPOとお寺をコラボしたい理由

お寺 は原点回帰で一歩リードしよう

お寺 3.0 #お寺をアップデートしよう。

その一方で、「#人生送りバント」をテーマに、人生論や思ったこと、考えたことを書き出しています。

参考記事

人間を「材」「財」って考えるのか?

最強の野生のブッダ:ヒロトが込めた「今がサイコー」

さらに、相続診断士や准認定ファンドレイザーの資格をもって、「お寺息子×相続診断士×准認定ファンドレイザー」という立場から、情報発信できるように活動中です!

しまさんのツイッターはこちらから。

活動を応援してくださる方は、Polcaもぜひお願いします!

継続支援ビスケット→https://bis-cuit.jp/shima_sun041

これから

これからやっていきたいことは、記事にもまとめましたが、いろいろあるので、ここでも紹介します!

僕がやりたいこと今、4つあります!

  • 日本中のお寺が社会を幸せにするインフラにする
  • NPOひとまきの拠点を益子に作る
  • 益子焼をもう一度世界に広める
  • 日本中のスキーゲレンデを滑り歩き、ゲレンデのデータベースを作る

これを詳しく見ていきましょう。

 

日本中のお寺が社会を幸せにするインフラにする

やりたいこと

これは、ブログでも散々話してきたことですが、「お寺を通して、日本を幸せにしたい!」というのが僕のやりたいことのひとつにあります

なぜやるのか?

意外と、お寺の話をたくさんしてきた中で、「なぜお寺を通して、日本を幸せにしたい」のかが明確ではなかったのですが、下記の3つの理由からです!と明確に示したいと思います。

1、お寺生まれだが、お坊さんにならない。でもしっかりお寺の活性化につながることがしたいから

2、お寺の研究を通して、お寺の「公益性」を極めるには「日本を幸せにする」ことが至上命題だと結論付けたから

3、なによりも、お寺が大好きだから

僕は、お寺生まれの息子として、でもお坊さんにならないひとりの人間として、お寺の活性化を改めてやってみたいな、という気持ちが生まれて、実際に1年間、次のお寺の形について考えて発信してきました。

関連記事

お寺3.0 お寺 の変化からイケてる お寺 を考えてみた。

それをやっている中で、シンプルに「これがやりたいことだな」と気持ちが強くなった、そしてお寺を通して社会問題を解決できないか?という視点が増えたのです。そして、僕は「お寺が大好きなんだな」というのも最近とみに思うようになりました。

だから、お寺を通して、日本を幸せにしたい、もっといえば町のお寺がすべて「地域住民を幸せにするインフラになっていただく」というミッションを果たしていきたいと思います。

そのために、ブログで発信したり、ツイッターで発信したり、場合によってはお寺を直接コンサルティングしたりしていきます!

さらに、最近、もうひとつ軸が増えました。

それは、「お寺に特化したファンドレイザー」として、お寺と人々、お寺とNPO、そしてNPOと人々をつなぐ架け橋になっていきたいと思うようになりました。

詳しくは、別の記事で触れますが、具体的には下記の役割を果たしていきます。

  • お寺の社会貢献活動を広め、寄付を募れるファンドレイザーの役割
  • お寺とNPOを結ぶ橋渡し役となり、お寺とNPOのコラボレーションを進めるコーディネーターの役割
  • お寺とその檀家が安心してNPOに寄付してもらえるような仕掛けを作る仕組みづくりの役割

こちらについては、ファンドレイザーとして動き始め、12月には准認定ファンドレイザー資格を取得できるように動きます。

NPOひとまきの拠点を益子に作る
スキー用品はココやりたいこと

さて、少し先の話ですが、僕がやりたいことのひとつに「NPOひとまきの拠点を作る」、しかも「益子に作る」というのがあります。

そもそも「NPOひとまきって何?」というあなたに、少し解説!

NPOひとまきさんは、私がサポーターとして、毎月寄付しているNPOで、「若者の人生見直しプラットフォーム」とでも申しましょうか。

NPOひとまきさんの理念は「何度でも生き方を選べる世の中へ」。これが個人的にすごく響きました。

高知県の嶺北地域というものすごくド田舎の古民家をシェアハウスにして、そこに人を呼んで、来た人の人生を泊りがけで一緒に見直してこれからどうするかを考えてもらう、セルフコーチングを中心とした人生見直しプラットフォームです。もっと詳しくはこちらをご覧ください。

《団体概要》「7つのポイントでわかるNPO法人ひとまき」

関連記事

【応援】#NPO法人 ひとまき のサポーターになりました!

現在、高知県の嶺北地域だけですが、将来的には全国展開して、より田舎に来てもらう、時間を作って自分を見直す場所を作りたいという理事の矢野大地さんの考えがあります。

そこで、僕も協力したいな!と思い、将来的には関東初のひとまきの拠点を作りたい!と考えています。

ではなぜ拠点を作りたいのか?

これはひとえに、僕が人生を見直す機会が大学卒業するまでに何度か人生を見直す機会があったから、今がある、のでそれをいろんな人に広めたいと思ったからです。

つまり、救われた経験があるから、田舎で人生を見直す機会を作ることが大事であるよ、と僕が理解している以上、やらなければ!と思ったのです。

あと、シンプルに定住して、コワーキングスペースとして開放して、そこでの出会いを大切にしたい、縁側のような場所にしていくためにも、拠点を作りながら、開放する場所としての機能も作りたいです。

なぜ「益子」?

陶器のまち 益子町」。

ひとまきの拠点を置くとしたら、ちょうどよいサイズ感の町なのです。

1、積雪が少ないため、年中運用可能、移住者施策も充実

2、人口2万人の町でありながら、年2回の陶器市など、人の出入りも多い

3、東京から約2時間と手ごろに来ることができる

上記3つの理由がメインな理由で、僕が移住したうえで、動ける場所だなと感じます。

そこに、手軽に人生を見直す機会を作る場所を作りたい、農業や陶器づくりを通じて作る喜びを知ってもらいたい。

そのためにも、益子町というフィールドを選びました。

この夢は、数年後までに必ず叶えます。

益子焼をもう一度世界に広める

益子焼を広めたいやりたいこと

やりたいことの最後は「益子焼をもう一度世界に広める」

僕の実家が、益子で生産される焼き物である益子焼の陶工の墓があり、その人が世界に日本の陶器を広めた方でした。

その人の後を追うではないですが、もう一度、益子焼の魅力を再定義して、広めて、益子焼を「Mashiko」にしたい。

買って、ろくろを回して、感じたのは「土はあったかい」。

このやさしさを日本に、世界に広めたい。

実は、この動きをした方がいて、その人に偶然クラファンをしていました。

美濃焼のpopoloさんが、クラファンで「ロンドンでイベントして、世界に美濃焼を広めたい」というのを実行していました。

このような伝統工芸の動きに、益子焼も乗せていきたい!

だから、僕がそのインフルエンスをしたいのです。作る人と買う人をつなげる商人であり、益子に来る人を増やせる人。そこを目指します。

日本中のスキーゲレンデを滑り歩き、ゲレンデのデータベースを作る

やりたいこと

僕の趣味のひとつに、スキーがあります。小3から毎年スキーしに行っていて、かれこれ15年目のキャリアになります。

カービングターンやショートターンなど、ある程度上級者寄りの中級者になりました。

毎年、いろんなゲレンデに行っていますが、リフトに乗っている間にふと思ったことが。

しまさん
しまさん
いろんなゲレンデ行くけど、どのゲレンデの宣伝って横並びだよな?

そうです。このゲレンデは「スポーツ向き」「観光向き」「レーシングの練習向き」というのがいまいちウェブサイトなどを見てもわからない。

あと、ゲレンデ食堂とかの内容も、古かったり、直営店以外載せてなかったり。

そこで思い立ったのです。

ゲレンデのデータベース、具体的には「食べログ」や「Retty」のようなもの作れないかな?
しまさん
しまさん

情報量がないわけじゃないんですけど、いろんなゲレンデがいろんな発信をしているため、明確に比較できないのがネックになっているなと感じました。

この活動を通して、スキー人口・スノボ人口が増やしたい、楽しんでくれる人が増えてほしい!

そんな思いで、やってみたいと思っています。

用具買うのも、最近はスキー用品の通販とかもありますので、積極的に活用していきたいですね。



スキー専門の通販のトレードインは、比較的低価なのでおすすめです。

冬なら冬のアクティビティを、いろんな人に届けて、色んなスキー場を楽しんでほしい、ですし僕自身もいろんなスキー場で楽しみながらこの活動にチャレンジしたいです。

 

以上。ここまで、僕のやりたいことについて、書きました。

ここからは「やりたくないこと」を書いてみようと思います。