【お寺の息子 あるある】お寺息子に聞きがちなあるあるまとめました。

お寺の息子 にありがちな質問に答えます。

あなたの身の回りに、 お寺の息子 がいるとき、こんな質問してませんか?

お寺の息子ってお金持ち?食事はやっぱり精進料理?
蓮見さん
蓮見さん

僕ももちろん、よく聞かれます(笑)

そこで、必ずと言っていいほど言われる質問とその回答をここで大公開しちゃいます!!
しまさん
しまさん

参考

お寺生まれが語る「 お寺 あるある」

1.「お金持ちだよね~」と言われがち

お寺のお金

このことに関しては、賛否両論あります。

「お檀家さんを抱えているんだから、しっかりお経を読み、人の悩みを解決するという仕事をしている。その対価としてお布施もらってるんだからいいんじゃない?」というのが私の親の主張でした。

でも、実際よくいわれるのは「税金払わないんでしょ?」というコメントです。だからお金あるじゃん?と。

実際、宗教法人は法人税法上、非課税法人として扱われています。なので、実際お寺としては税金を払ってません。

いや、「所得税とか住民税とか相続税とかはがっつり払ってますけど?」と言いたいところです。

なにせ、お布施が収入源で、それがかなり高額になることが多いです。

そのため、お寺のお坊さんはいろんな対策をしてることが多いです。

・対所得税・住民税対策:寄付、募金、ふるさと納税など、寄付控除になること

・相続税対策:生前贈与、寄付

あといわれるのは、「お布施とかでがっぽがっぽ稼いでるんでしょ~?」ですね。

わたし自身は裕福めなお寺生まれですが、お金持ちなのはすべてのお寺に言えるわけではないよ、というのを主張したいです。

東京などの大都市圏では、檀家の数が多く、地主も多いので、お布施の額が少なくても、件数が多いのでかなりの収入になります。

ただ、地方に行くと、少なからず副業(例えば教師や農家)をやりながら生活しているお坊さんも多いです。

そのため、「ほんとはこういうこと、したいんだよね…」というお坊さんが日常のことで忙殺されていることはよくあるようです。

なので、これからお寺が怪しいって言われるのが嫌なので(これはもうどこでもそう)、ぜひこのコメントいただいたら「いやーそんなことないよ~」ではなく、「そうだよー、だから色んな人にお返しするための準備しているんだよー」とか「よくいわれるけど、うちは副業とかしないと大変なのよー」とか、そういう答えが返ってくると思って、聞いてくださいね(笑)

意外と、デリケートな話でもあります。

僕は、そういったお寺さんの味方になりたくて、実際にいろいろ動いてみてます。

関連記事

「 ファンドレイザー 」を僕が目指す理由とその先に見えるもの。

2.賽銭が収入だと思われがち

お寺の収入

これもよくあります。お寺の賽銭は収入にしているところも多いですが、私のお寺は「全部募金」しています。

なので、この質問されたら「あー、全部募金してますね~」と答えます。

これ、結構効果的で、3.11の後なんか、3日で10万集まりまして、すぐに赤十字に寄付していました。

というか、お寺のメインの収入は「葬儀や法事のお布施」です。

檀家の会費は掃除代にほとんど溶けますし、お賽銭は多く手に入るところで1日10000円行かないと思います。うちのお寺では3000円行ったら「すげーーーーーー!」ってなります(笑)

つまり、お檀家が減ると困るのは、「会費が減ること」や「お墓にお参りに来なくなること」より、「生前に葬儀や法事の発生する可能性のある、固定客がいなくなること」なわけです。

もちろん、生前に幸せであってほしいですし、長生きしてほしいですが、亡くなって供養をしっかりしていただくということがお仕事なのです。この話はまた別で書きますね(笑)

もちろん、お賽銭を元手にしているお寺さんがないとは言いませんが、私の実家の場合は違います。

関連記事

お寺 の檀家さんを大事にすべき理由とすべきこと

3.お経読んでみて!って言われがち

とりあえず言わせてください。

正直、嫌です。

これはもう、イラストレーターの知人に、「絵上手でしょ?これ書いてくれない?タダで!」と言ってるのと大して変わりませんからね!

僕はお坊さんの資格の中でも一番下の位を持ってはいるので、主張したいところですが、ほんとのお坊さんに失礼な気がするので、やりません(笑)

ただ、正直言って、人前で、しかも公衆でやるものではないし、ほかの人が読んでいるから、あのお寺という場でやるから意味があるものをやれっていうのはあまりにも失礼な気がします。

とりあえず僕は嫌ですが、これについては人それぞれではないでしょうか?

4.食べものって制限あるの?

お肉

はい、だいたいのお寺家庭では制限ないと思います。

たぶん、精進料理という言葉を聞いたり、日本史を学んだことがあったりした人に聞かれることが多いですね。

今のお坊さん、特に鎌倉時代生まれの仏教(浄土真宗や日蓮宗など)は普通にピザも食べるわ焼肉やビフテキも食べるわ焼き鳥も食べるわ、さらにはお酒もがっつり飲んでます。

これと同じ枠の質問に「クリスマス祝うの?」「バレンタインデーという概念は存在するの?」というのがあります。

ボクには無縁()ですが、お寺的には何も変わりません。クリスマスプレゼントもらってましたし。

ただ、昔の仏教(天台宗や真言宗よりも前に成立したもの)や禅宗はどうなのか知りません…どうなんでしょうね?

鎌倉新仏教は「大衆性」重視なので、お坊さんも同じくらい大衆性が高いです。なので、関係ない場合が多いですよ。

ちなみに、ごちそうは和食ばかりなの?という質問があり、お寿司しか出なさそうというコメントも頂きましたが、関係なく、上みたいに肉が普通に出ます(笑)

せっかくだから、これからはヴィーガン料理の発信とかしたらおもしろそうですね。

発信している人がいるかなーと思って、ツイッターを見たら大荒れでしたw

https://twitter.com/search?q=%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%80%80%E3%81%8A%E5%9D%8A%E3%81%95%E3%82%93&src=typed_query&f=top

5.お塔婆って、印刷なんでしょ?

この質問は、だいぶ増えた気がします。でも、ああいうの持っているお寺、そんなにはないはずです。

実際に、ツイッターにも上がっていたのですが、普通は手書きです。

ちなみに、この質問が増えたのは、ワイドショーで取り上げられることが増えたことにもありそうですが、なにより初見はこれではないかと。

これを見たときはそこまで話題にしていなかったのですが、なぜか今の方が確実にこの質問が増えた気がします。

お坊さんの数少ないお仕事なので、と思いましたが、将来的にはほかの仕事を増やすために導入するところも出てくる気がします。

生産性向上、という観点で言うと、ぶっちゃけ最高にソリューションだと思うので。

お坊さんのほかの仕事が増えていく話は、ここにも書きましたが、より今生きている人の安心を作ることになるのかなと。

関連記事

お寺3.0 お寺 の変化からイケてる お寺 を考えてみた。

それが、「あそこのお寺の坊主は楽しやがって」みたいな言説につながらないといいなーなんて思います。

6.お寺にとってはお休みの時期が一番大変

お坊さん大忙し

「お休み」というと、お盆と年末年始があると思います。

ただ、実質サービス業のお寺にとって、普通の会社員の皆様が休みになる時期は、すなわちめちゃくちゃ忙しい時期になります。

年末年始…ご挨拶にいろんな人(檀家、総代、その他いろんな人)が来るうえに、初詣でいつもは来ない人がたくさん来る。そんでもって、お寺は寒い。

お盆…実家に帰り、お参りにいろんな人が来る。しかも普段から来る人ももちろん来るので、単純に2~4倍くらいの来客になる。あと、8月は亡くなる方も多く、葬儀が発生することも多い。さらに、一家がそろいやすいので、お盆のタイミングに法事を入れる家族もいらっしゃる。さらにさらに、上記のように法衣を着ているので、法事ひとつとっても、棚経に行っても、めちゃくちゃ暑い。

と、みんなが休みの時期に大変な思いをして働いているわけです…。

関連記事

お盆帰省するあなたへ】お寺息子×相続診断士が教える、「後悔しない」お盆帰省でやるべきこと3選!

7.メガネ率が結構高い・・・

お坊さん、結構メガネ率が高いのです。私もそう、兄もそう、父もそう・・・笑

うちの家族だけなのかな、と思いつつつぶやいてみたら、どうやらいろんな方がそう思っているようで・・・

 

勝手に雰囲気を感じ取って「多い」とか言っちゃいましたが、実際そのようです(笑)

原因はいろいろあると思うのですが、やはり目を酷使するお坊さんが多いのではないでしょうか。お経の文字小さい、お経を読むところは薄暗い・・・

8.どこの宗派かは「袈裟」を見ればわかる

このツイート、一見は「みんなお坊さんじゃん。」と見えるかもしれません。

しかし、お寺息子はわかります。

あ、本当にそれぞれバラバラの宗派の方だ。」と

お坊さんの宗派の見分け方は「袈裟のカタチ」でだいたい見分けがつきます。

ちなみに左の方が浄土真宗、真ん中の方が禅宗系(どっちでしたっけ?)、右の方が(多分)浄土宗です。

そんな感じで、意外と見分けつけています。

ちなみに、髪の毛が坊主じゃないけど袈裟を着ていたらだいたいの場合は浄土宗か浄土真宗の方です。

まとめ

ここまで、いろいろまとめてみましたが、まだまだあると思います。

ぜひ、関連記事もお読みいただけるとありがたいです!

関連記事

【お盆帰省するあなたへ】お寺息子×相続診断士が教える、「後悔しない」お盆帰省でやるべきこと3選!

 

また何かあれば、しまさんのツイッター@shima_sun_0にメッセージくださいませ!
しまさんのツイッターはこちらから。

こんなお寺の発信活動を応援してくださる方は、Polcaもぜひお願いします!

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

  1. […] というわけで、「お寺あるある」を書きます。寺息子あるあるという記事を書いたのですが、ちょっと拡大して、お寺あるあるにサイズアップしてみました。 […]

  2. […] というわけで、「 お寺 あるある」を書きます。寺息子あるあるという記事を書いたのですが、ちょっと拡大して、お寺あるあるにサイズアップしてみました。 […]

  3. […] >>>お寺息子あるあるはこちら […]

  4. […] >>>お寺息子あるあるはこちら […]

トラックバック URL